サイト移設中につき、ご不便おかけしております。注文・配送ともに問題ございません。

【花鋏・安広刃物】池坊瓢箪型花鋏 6寸・青紙鋼・黒打(箱なし)

【花鋏・安広刃物】池坊瓢箪型花鋏 6寸・青紙鋼・黒打(箱なし)

通常価格
¥33,000
販売価格
¥33,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

【大変、入手困難な品です。5年で数丁入るかどうか。このような状況なので予約を承れません。ご了承くださいませ】
【ある程度の池坊の経験をお持ちの方のみお買い求めください】
【本製品は右利きの方用の製品です】

【手作りのため、微細にサイズが異なります】

伝統と革新を繰り返す京都で、プロの庭師から圧倒的な支持される鍛冶職人が生んだ池坊・瓢箪型花鋏

インターネットはもちろん、京都市中の専門店でも見かけることが少ない安広刃物の池坊花鋏です。作り手は、初代が花鋏づくりの名人として名を馳せ、現在の二代目・大隅義信さんは植木鋏づくりの鍛冶屋としてプロの庭師・植木屋から支持を集めている京都の鍛冶屋さんです。

この池坊の瓢箪型花鋏は、先行して義信さんが作ったわらび手(植木鋏)の瓢箪型を池坊花鋏に応用したもの。小指に力が入りやすい形状のため、軽い力で切ることができます。花鋏の名人だった父のものと同じようにと作った池坊花鋏の切れ味を凌ぐ、まさに革新を繰り返し伝統を育んだ京都の大隅さんだからこそできた逸品です。六寸は、花鋏としては通常の長さで、刃の長さも通常のサイズで使いやすい大きさです。

安広刃物の花鋏の特徴は、手打ちの総火造りであることに加え、刃の厚さと切れ味を生む裏梳、切り抜けた後にチンという優美で風雅な音でしょう。使い込むほどに育つ、正真正銘、京都の手づくり花鋏です。

本商品の刃は青紙鋼を使用しています。刃に「嵐治丸」という刻印がありますが、これは安広刃物が青紙鋼で仕上げた商品だけに入るものです。

※手づくりの製品のため、各サイズ・重量に若干の誤差があることをご了承ください。

製品スペック

<基本構造>

・形状=池坊・瓢箪型

・刃の鋼材=安木鋼 青紙2号

・地金=軟鉄

・利き手=右利き用(左利き用の設定なし)

・全長=六寸=18.2cm内外

・刃長=寸=cm(刃先からカシメ下)

・肩の幅=cm

・商品重量=g

・配送重量=g

・生産地=日本・京都府京都市

・生産者=大隅義信(安広刃物)

この製品の作り手

安広刃物 大隅義信 氏

安広刃物(大隅刃物店)は、京刃物の伝統を受け継ぐ刃物鍛冶で、二代目の大隅義信さんが鍛冶職人を務めています。先代は池坊・花鋏の名人として現代の名工を受賞し、義信さんはその技術を受け継ぎました。現在の主な生産品目は、わらび手(植木鋏)やキリバシ(京都で使われている植木鋏)、刈込鋏などの庭師道具。プロの庭師の中では知らない人はもぐりと言われる存在です。
店鋪・鍛冶場は、京都駅から西へしばらく歩いたところ。昔からの住宅地の中に槌を振るう音が響いています。本来、大隅さんは使い手からのオーダーをもとに製品をつくっていますが、京都の名うての刃物店を筆頭にいくつかの店舗だけに製造をしています。知る人ぞ知る「安広」の銘が入った商品を、ぜひお試しください。

↓植木鋏の研ぎ方を聞いたときの動画です。見てのとおり気さくな方です。